自己啓発、意識改善、セミナー、研修なら岐阜のからだRe創作 Motto(カラダリソウサクモット)へ。


意識の探究から人生を管理する方法を学ぶ

〒501-0222 岐阜県瑞穂市別府620-3 グランドステージミズタ2F

  • いいねタウン
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
058-227-9170

ロゴ

アバターのエクササイズは、人生をより良く自由にいきていくためのツール(道具)です。
ブログ~アバター・マスターの終わりなき旅~

意識はどんどん拡大していく・・・
もっと大きなはずの自分を探して 高い壁を登ったときの景色が見たいあなたへ

2018/12/09

第2章 灰が降る前に・・・

「ゆとり教育は失敗だった」
と言われているけれど、

本当に失敗だったのかな!?



ゆとり教育を受けていた世代、
現在20歳代の人達の活躍ぶりを見ていると

古い考えに囚われることなく
発想がとても豊かで

新しいことにどんどん挑戦していて
素晴らしいなぁと思うことばかりです。


“指示待ち人間”
にはならないように

自分で考えて行動できる人になろう
って気をつけて生きてきたけれど、

自分で考えていると思っていたのは
教え込まれた教義の範囲内でしかないのでは!?

と、

若い人たちの活躍ぶりを見るたびに
そんなことを感じています。


Mottoのスタジオに通ってくれている
小・中学生の子供達を見ていると

本当に個性は様々で、
一人一人違う顔を見せてくれます。


少しだけ気になるのは、

上手く意思表示をできない子が多いこと


*自分はどうなりたいのか?
*何を目標に頑張っているのか?


本当に自分がどうしたいかよりも

まわりの期待に応えるために
自分はどうするべきか?

を考えている様子!?



親の目をチラチラと気にしながら・・・



少しくらいまわりと違ってもいい

自分が本当にやりたいことをしたらいい

間違っているかもしれないけど
とりあえず、やってみたらいい



世の中は、
どんどん進化しているから

今受け入れられなくても
5年後、10年後なら・・・

どうなっているかは
誰にもわからないもんね。


私自身、いろんな可能性を信じて
いろんなことに挑戦したいし、

みんなが自分らしくイキイキできる
世の中になればいいなと願っています。


記事全文はこちら↓↓
http://miyukid325.blog137.fc2.com/blog-entry-490.html



2018/12/08

私のアバター体験談 Vol.3
空白の2年間に起きた奇跡(後半)

忘れられなかった彼からの突然の連絡

7年ぶりに会える!!!


早く忘れるために
考えないようにしていたけど、

それからは、
彼のことで頭がいっぱい!笑


そして、

7月に東京で再会を果たし、
8月には、彼の国で楽しい時間を過ごした。

残念ながら復縁には至らず、
彼への想いだけが強くなった。


彼の国に移住して働くことを
その時は、決意し始めていた。


仕事探しの下見を兼ねて、
もう一度彼に会うために、

年末に彼に会いに行くことを
ほぼ決めていた2013年の秋

突然、別の男性が現れた。



彼のことは前から知っていたけど、
ゆっくり話したことはなかった。


台風の為に、イベントが中止になり、
たまたま予定が空いてしまった日に、

私はその彼と一緒に
1日過ごすことになったが、

一回りも年下の彼に
恋愛感情は全く抱かなかった。


しかし、どうやら彼の方は
私のことを気に入ったらしく、

それから毎晩連絡を取るようになった。


何回か遊びに行ったりして、
私も徐々にその彼に惹かれていった。

そうこうして、
私はその彼のことを好きになり、

忘れられなかった彼の国へ行くことを
止めることにした。




そしたら急に

その新しい方の彼と
連絡が取れなくなった。。。


あれ!?



そして、私はアバターを思い出した。



つづく・・・

このブログは、過去に書いたブログを一部再編して投稿しています。
元の投稿はこちらからご覧ください。
http://miyukid325.blog137.fc2.com/blog-entry-404.html



2018/12/02

私のアバター体験談 Vol.2
空白の2年間に起きた奇跡(前半)

アバターの話を色々聞かせてもらった後、
マスターのよりこさんに聞いてみた。


「ずっと忘れられない人がいて、
その人と一緒になりたいんだけど、
アバターやったら一緒になれますか?」


よりこさんは、

「自分の内側が変わったら、
相手との関係もきっと変わるよ!」

と言っていた。



ますますアバターに興味を持った。



でも、

私の忘れられなかった人は外国人。

海外に住んでて、会うことは出来ない。

もう7年くらい会っていない。

私の内側が変わったって、
会えない人に伝えようがない。



ま、まさかね。。。


ということで、

興味は持ったけど、
すぐに受講したいとは全く思わなかった。



より子さんとは、

とりあえず名刺交換してfacebookで友達になった。



何日かしてから、

facebookのメッセージで
体験のお誘いを何度か受けたけど、

家に帰ってきて、
「やっぱり怪しそう・・・」
と冷静になっていた私は、

お断りの返事をすることなく、
メッセージは無視した。
(より子さんゴメンなさい)


そして、しばらくすると

もうすっかりアバターのことは忘れてしまった。



より子さんのfacebookの投稿記事も
読まないようにしていた。
(またまたゴメンなさい)


その年の3月ごろ、

ずーっと会っていなかった

その忘れられなかった彼から突然連絡があった。




「夏に日本に行くよ。会えたら会おう」と


つづく・・・


このブログは、過去に書いたブログを一部再編して投稿しています。
元の投稿はこちらからご覧ください。
http://miyukid325.blog137.fc2.com/blog-entry-403.html



2018/12/01

私のアバター体験談 Vol.1
出会い

時は遡ること今から約7年前


私とマスターさんとの出会いは、

2012年の2月!


少し前に知り合った友達に誘われて参加した
「世界繋がり飲み会」と言う名のmixiのオフ会でした(*´∀`)



たまたま同じテーブルに座ったマスターさん



それまで、

自己啓発だか自己開発だかスピリチュアルだか…


とにかく、

そういう類いのものには全く関心のなかった私にとって、

意識がどうとかこうとか言われても

さっぱり何のことかわからなかった(・・;)笑



それでも、

何となく彼女の話には興味を持った。


「自分の信じていることから現実が創られる」


まぁ、そうなんだろうなぁって思った。笑




そして、自分の体験談を聞かせてくれた。


「子どもとも旦那とも姑とも

うまくいかなかったときにアバターと出会い、

受講した1日目から家族との関係が変化し始めた」



と自慢げに話すマスターさん




でも、その時は、


そりゃあ、
自分でそういう状況作ってたたけじゃないの!?

捉え方が変われば変わるよねぇ。。


と、アバターの成果については全く信じなかった。


でも、

なんとなくアバターに、というより

意識がもたらす影響について興味を持った。




つづく...


このブログは、過去に書いたブログを一部再編して投稿しています。
元の投稿はこちらからご覧ください。
http://miyukid325.blog137.fc2.com/blog-entry-402.html

※写真は2012年の時の私です。笑



2017/12/08

プロローグ~気づきの探究

☑️自分が本当は何がしたいのかわからない
☑️やりたいことはあるけど行動できない
☑️やりたいことを言葉にすることもできない
☑️自分には到底できないと思っている

そういう話を聞くたびに、

もっと多くの人達にアバターを伝えたい!!
って想いを募らせながら、

そんな私自身も自分のことで精いっぱいの2017年でした。


ようやく少し時間が創れそうなので
まずはこうしてブログを更新することで、

アバター®のことを伝えていく機会を
徐々に増やしていきますね!!

プロローグ~気づきの探究
ブログを更新しました↓↓
http://miyukid325.blog137.fc2.com/blog-entry-478.html



※アバター®、リサーフェシング®は、
スターズ・エッジ社の登録商標です。すべての権利を保有します。
このサイト上の掲示内容は私自身のものであり、
必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。

スターズエッジ社認定アバター・マスター臼井美由紀
詳しい自己紹介はこちら

自己啓発、意識改善、セミナー、研修なら岐阜のからだRe創作 Motto(カラダリソウサクモット)へ。

〒501-0222 岐阜県瑞穂市別府620-3 グランドステージミズタ2F

058-227-9170

からだRe創作 Motto(カラダリソウサクモット) アバター(R)
〒501-0222 岐阜県瑞穂市別府620-3 グランドステージミズタ2F
TEL 058-227-9170
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休

Copyright (C) からだRe創作 Motto(カラダリソウサクモット) All Rights Reserved.